ずっと絵描きになりたかった私に起きた、小さな奇跡
見出し画像

ずっと絵描きになりたかった私に起きた、小さな奇跡

エス1

エス2

エス3

エス4

エス5

エス6

エス7

エス8

エス9

これを描いた後、担当さんにも確認していただいたんですが、その時「私も高校生の竹内さんを抱きしめてあげたい」とのコメントをいただいて泣いたよね。

サラッと15年と描きましたが、進学のために富山からひとりで上京した時にお祝いしていただいたり、就職して東北にいたときにもお手紙をいただいたり、打ち切でボロボロだった時には「竹内さんの作品はちゃんと面白いよ!!!」と激烈に励ましていただいたりと、編集部の皆さんにはず~~~っとよくしていただいてました。
絵を描く時間が取れない時期もありましたが、そんなときも変わらず『エス』という場があって、描けるようになれば私はきっとまたそこに参加できるという「ゆるい希望」を持ち続けられたことが、何よりの救いでした。

確か就職する時だったと思うんですが、編集長から「学生の時は絵を描いていても、ほとんどの人が大人になると辞めてしまう。」という話を伺って、「私は絶対にやめないぞ」と思ったのを覚えています。

そんなわけで、今実施している『季刊エス』さんとのコラボは、私にとってもんのすご~~~~く尊いものなんです。

作品作りをする人だけでなく、作らない人も楽しめる企画というのは「イラストを描くのが好きな人・見るのが好きな人への雑誌」という『エス』のコンセプトを意識していました。
作り手も見る専の方も、どちらも楽しめる企画だと思うので、よかったらぜひ参加してみてください!
担当・ゆみさんと作った渾身の一冊も、ぜひお手に取ってみてね!





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
竹内絢香

サポートでいただいたお金を使って、熱い取材に行き、時にはおいしいものを食べ、今まで以上に楽しい漫画やイラストをお届けします!いつも応援ありがとうございます!!

Thanks honey!
漫画家・イラストレーターの竹内絢香です。 英国、ファッション、映画、本、旅行など好きなものをたくさん紹介しています。 毎日をヘルシーに過ごすための、思索と実験のコミックエッセイも公開中。 大好きなもを詰め込んだノート、ぜひ覗いていってください^^