見出し画像

2020年11月に観た映画・読んだ本

こちらには、竹内が2020年11月に観た映画・読んだ本のレビューをまとめています。
かなり率直に感想を述べているので、マガジン限定記事です。

今月のラインナップはこちら!
読書の方は、突如アガサ・クリスティにドはまりして、後半完全にクリスティ祭りになってしまいました。

はじまりのうた

同監督の『シング・ストリート 未来へのうた』がさわやか胸キュン青春映画で大変良かったので、他の作品も見てみよう~と思い視聴。
『はじまりのうた』はニューヨークが舞台ですが、「苦境にある人たちが、音楽を通じて仲間を得て、再生していく」という筋立てが、アイルランド・ダブリンが舞台の『シング・ストリート』同じで、劇中歌もめちゃんこよくて、こちらもさわやかな気持ちになれる作品でした~。

男女のバディ物なんですが、恋愛ではない絆を描いているという点も個人的にはとっても好きでした。
そういう意味だと、主人公(女性)と居候先の友人(男)がナチュラルにめっちゃ仲良しなのもよかった。「男女が一時的に同居すること」が言い訳とか説明なしでも成立する、チャーミングな二人だったな~。

イヴ・サンローラン』とか『ボヘミアンラプソディー』とか『ロケットマン』とか「苦境にあるクリエーター」映画を見ると、いつも考えることがあります。
クリエーターには、「人生の伴侶」と「ものづくりの伴侶」が必要なのかなぁということです。

この続きをみるには

この続き: 10,336文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
かなり専門的な英国話、アラサーフリーランス生活の悩み、エッセイ漫画とオリジナル漫画制作の舞台裏など、ここでしか描けないあれこれを詰め込みました。過去の作品から今まさに取り組んでいるものまで、竹内の創作のすべてをご覧いただけます。ここで頂くコメントは全て拝読して、なにより参考にしています!

Takeuchi BOX

月額980円

漫画家・竹内絢香の好き!を詰め込んだ、「Takeuchi BOX」です。英国ネタから日々の考えまで、竹内がこれ超いいじゃん!と感じたものご…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
竹内絢香

サポートでいただいたお金を使って、熱い取材に行き、時にはおいしいものを食べ、今まで以上に楽しい漫画やイラストをお届けします!いつも応援ありがとうございます!!

女王級の嬉しさです~!
16
漫画家・イラストレーターの竹内絢香です。 英国、ファッション、映画、本、旅行など好きなものをたくさん紹介しています。 毎日をヘルシーに過ごすための、思索と実験のコミックエッセイも公開中。 大好きなもを詰め込んだノート、ぜひ覗いていってください^^