見出し画像

ミニスカートの裏側~長かったスカート丈が、ヒザより上になったわけ~

1950年代、ティーンエージャーには、ある悩みがありました。「着たい服が売ってない!」のです。

今でこそ洋服はお店で買うのが当たり前。それどころか、スマートフォンが一台あれば、自宅にいながら大概のものを買うことができます。

しかしながら、戦後のイギリスではまだまだ「洋服は自宅でお母さんに作ってもらう」ことが一般的でした。

画像1

もちろんお店で買える「既製服」というのも存在していましたが、ほとんどは「大人の女性向け」または「お金持ちのお嬢さん(=debutante:デビュタント)が社交の場で着るためのもの」でした。

つまりは、一般の女の子が望む「今、着たい!シンプルでカジュアル、それでいて可愛い普段着」というのは、ほんの数十年前まで、市場に存在していなかったのです。

画像2

そんな中、50年代の後半に「Dolly Bird:ドーリーバード」と呼ばれるおしゃれな女の子たちの間で、既製品のスカートの丈を短くすることが流行します。

画像3

このストリートの流行にいち早く目を付けたのが、デザイナーの「Mary Quant:マリー・クワント」でした。

彼女は、ミニスカートを含む、これまでになかった「若者向けファッション」を専門に取り扱うショップをロンドンにオープンします。

こうして「発明」されたミニスカートは、若い世代の「こんなの欲しかった!」の声に呼応して、瞬く間に流行します。

画像4

時を同じくして普及したテレビやラジオ、そして「ティーン向け雑誌」のメディアの力によって、ミニスカートは一気に世界的なブームを巻き起こします。(ロンドンのお店まで洋服を買いに行けない子たちに向けた「洋服の型紙付きの雑誌」というのも飛ぶように売れたそう!)

画像5

イギリスにおいて、ファッションは常に「王を頂点とする上流階級が流行を作り、庶民がそれをが模倣する」というトップダウン様式をとってきました。しかしながら、60年代におけるミニスカートの大流行は、「ストリート発祥の文化を上流階級を含む、みんなが真似る」といった「革命」だったのです。

一方モードの世界では、デザイナーのAndré Courrèges:アンドレ・クレージュがヒザ上丈のミニスカートを含むコレクションを発表。

画像6

未だに「女性美=エレガント」といった価値観にあったハイファッション業界のド肝を抜くと同時に、ミニスカートが業界全体を席巻していく契機となったのです。

その後も世界的なミニスカートブームは続き、1970年代には、その丈が最も短くなったんだそーです。

…と、かなりざっくりミニスカートの「歴史」についてまとめましたが、実はミニスカート大流行の背景には、ここに書いた以外のイギリスの「歴史的変化」も複雑に絡み合っているのです。

そもそも、60年代以前は今でいう「ティーンエイジャー市場」というものが存在しませんでした。「子供」の次は「大人」であって、「若者向け商品」というのは存在していなかったんですね。

この続きをみるには

この続き: 1,397文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
かなり専門的な英国話、アラサーフリーランス生活の悩み、エッセイ漫画とオリジナル漫画制作の舞台裏など、ここでしか描けないあれこれを詰め込みました。過去の作品から今まさに取り組んでいるものまで、竹内の創作のすべてをご覧いただけます。ここで頂くコメントは全て拝読して、なにより参考にしています!

Takeuchi BOX

月額980円

漫画家・竹内絢香の好き!を詰め込んだ、「Takeuchi BOX」です。英国ネタから日々の考えまで、竹内がこれ超いいじゃん!と感じたものご…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートでいただいたお金を使って、熱い取材に行き、時にはおいしいものを食べ、今まで以上に楽しい漫画やイラストをお届けします!いつも応援ありがとうございます!!

I am grateful for your kindness.
29
漫画家・イラストレーターの竹内絢香です。 英国、ファッション、映画、本、旅行など好きなものをたくさん紹介しています。 毎日をヘルシーに過ごすための、思索と実験のコミックエッセイも公開中。 大好きなもを詰め込んだノート、ぜひ覗いていってください^^

こちらでもピックアップされています

Takeuchi BOX
Takeuchi BOX
  • ¥980 / 月
  • 初月無料

漫画家・竹内絢香の好き!を詰め込んだ、「Takeuchi BOX」です。英国ネタから日々の考えまで、竹内がこれ超いいじゃん!と感じたものごとを、漫画やイラストエッセイの形にして週に一回お届けします。過去の作品がまとめてみられるのもこちらです。ご意見・ご感想・これが見たい!も大歓迎!このマガジンが、応援してくださる皆さんと私にとっての「宝箱」みたいな存在になると嬉しいです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。