見出し画像

【マンガ】ボーっとスマホ眺めてたら深夜2時だった…という状態について考えたこと

こんにちは!竹内です。

昨日、久し振りにコレをやらかしました。気付いたら深夜2時どころか3時だったよ、テヘ。

昨晩の私は、仕事のことを考えるうちに悶々として禁断のスマホを手にしてしまい、無限ダラダラ地獄に陥りました…アーーーッ…!!特に何を眺めるでもなく、「絶対に焼けないプチプラ日焼け止め!」とか出版業界のゴシップなんかをダラダラと見続け…何を得るわけでも、満たされるわけでもなく、3時過ぎたので「さすがに~~~!」と感じおもむろに入眠するという…無駄オブ無駄時間でした…やんぬるかな。

それでも明日はやってくるということで、今猛烈に眠い体にコーヒーをドーピングしながら机に向かっています。眠い。眠いよ。

漫画に描いたように、以前の私はこういった自分を「あ~~んもう私のバカ!愚か者!ダメ人間コンテスト世界王者!!なんであんな無駄な夜更かししたのよ~!!」と猛省の上自責していました。

けれど最近は、やってしまったことに対して「自分を責める」のはやめました。(反省はするよ!)開き直りっぽく聞こえてしまうかもしれないのですが、この「自分を自分で責める」という行為には、あんまりいいことがないなと感じるようになってきたからです。自分で自分を「ダメ!」と糾弾し続けても落ち込むだけで、事態の解決には至らないんだなぁというのが実感です。なので現在はやらかしてしまっても、こういうこともあるよな、人間だもの、あやか。という心持でいるようにしています。

そうはいっても、ただ漫然と無駄オブ無駄時間を過ごし、翌日のコンディションが悪化するというのは、「良い悪い」はさておき「勿体ねぇな!」と感じます。やっぱり出来るだけ健康に、シャッキリ仕事が出来る状態の方が、私は快適だなぁと感じるからです。

そんなわけで最近の私は、なるべくこのような無限ダラダラ状態に陥らないための「予防」について考えています。毎日毎日120%心も体も元気マン!というのはフィクションだけど、なるべく「いい日」を増やすために、自分で自分をケアしていこうという試みです。

そうすると、めちゃくちゃ基本的なことなんですけど、ちゃんとご飯を食べるとか、今眠くても踏ん張って今日こそ早く寝るとか、心配事は小出しにして人に相談するとか、部屋を掃除するとか…そういった「基本」に立ち返っていくんですよね。やっぱり当たり前のことが、続けていくことが、一番難しいんだなぁ。

ただ、連日無限ダラダラに陥ってしまうような状態のときって、そういったことは一切考えられない。「やった方がいいこと」なんて100も承知だけれど、そこに向かえない。体が動かない。そういう状態なのだと思います。

そういう状態がいいとか悪いではなく、「生きていれば、こういう時もあるものなんだ」というのが、私の実感です。なので、既にくたびれている自分をそれ以上いじめないで、「人間だもの」と思いつつ、やり過ごしていけばいいんだと思います。大丈夫、そういう時もあるよ。

そのうち少し踏ん張りがきくようになったら、また「生活の基本」にトライしてみる。そういう繰り返しのうちに、少しずつ、調子のいい自分になっていく気がしています。

【コミックエッセイの本が出ます!】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ベリーありがとう!!
75
イギリスが大好きな漫画家、竹内絢香です。ノート始めました! 英国、ファッション、映画、本、旅行など好きなものをたくさん紹介していきます。 ぜひ、覗いていってください^^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。