マガジンのカバー画像

Takeuchi BOX

漫画家・竹内絢香の好き!を詰め込んだ、「Takeuchi BOX」です。英国ネタから日々の考えまで、竹内がこれ超いいじゃん!と感じたものごとを、漫画やイラストエッセイの形にして週… もっと読む
かなり専門的な英国話、アラサーフリーランス生活の悩み、エッセイ漫画とオリジナル漫画制作の舞台裏など… もっと詳しく
¥980 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

#イギリス

固定された記事

マガジン『Takeuchi BOX』でご覧いただけるものについてご紹介します。

この度、noteマガジン『Takeuchi BOX』を開設しました! やった~!嬉しいよ~!! 今までSNS…

1年前

今週のおたより

こんにちは~竹内です。 今!絵を描くのが!!楽しい!!!です。 (途中↓) 先週に引き続き…

2か月前

今週のおたより

こんにちは!竹内です。 今年も残すところあとわずかですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか…

2か月前

今週のおたより

こんにちは!竹内です。休み明けでございます。 今回は5日間丸っとお休みいただいたんですが…

3か月前

今週のおたより

こんにちは!竹内です。 10月のスケジュールが爆発してきたのですが、今週は最後の凪…とい…

3か月前

今週のおたより

こんにちは!竹内です。 なんか今週祝日多いな!?と思っていたのですが、世はシルバーウィー…

4か月前

13:It was a Dark and Stormy Night.

暗い、嵐の夜のこと…タイトルの「It was a dark and stormy night」は「それは、暗くて嵐の夜だった」という訳で、物語の冒頭によく使用されるフレーズなんだそう。「むかしむかしあるところに…」的なアレですね。 不穏な天気が物語の不穏な行き先を暗示する効果が…なんていいつつ、あまりに使い古されたフレーズなので、今これを使うのは興覚めだ!との批評を見かけたことがあったので、あえてタイトルに使ってみました笑。 メディアの力、恐るべし60年代に若者文化が爆

スキ
30

12:Why don't we do it in the road?

そろそろ往来に出てもいいんじゃないか?思い入れが強すぎてこのセルフ解説部分になかなか取…

4か月前

今週のおたより

noteマガジンをご購読くださっている皆さま、こんにちは!お元気でしたか!? 更新が久しぶり…

5か月前

今週のお便り

こんにちは!竹内です。 東京は急に夏!を感じるお天気になってきましたが、お変わりなくお過…

6か月前

今週のお便り

マガジン購読者の方へ向けて、毎週なにか更新できたらいいな!の希望のもとに、今週のお便りで…

6か月前

11:Our Queen and a Mod.

真っ先に謝らなければいけないこと今回はセルフ作品解説はお休みして、いつも有料マガジンを…

7か月前

10:3% species

3%の希少種タイトルは、1961年の段階でイギリスの女性警官は3%しかいなかったとの記載を…

7か月前

プロにスコーン作りを教わってきたよ~回答編~

「プロにスコーン作りを習ってきたよ!」シリーズ、今回は事前にいただいていた質問の回答を一挙公開いたします! お答えくださったのは、目黒の英国式ティールーム・スリーティアーズのオーナー、新宅さんです。 また、5月にスリーティアーズから生中継で行ったオンラインイベント中にいただいて、その場でお答えできなかった質問への回答もまとめて掲載しています。 ぜひおしゃべりしているような気持ちで読んでみてね~! A.イギリスの定番はラズベリーのジャムですね。 少し酸味があっておいしいです

スキ
35

プロにスコーン作りを教わってきたよ:実践編

今回お世話になった、スリーティアーズさんはこちらです! お菓子や紅茶はもちろん、内装も…

7か月前